「失敗」と感じるのはどんな時か

「失敗」と感じるのはどんな時か

「転職して失敗したー!!!」・・・とは感じたことのない私(笑)。心配性なんで事前にしっかり準備しておきましたから、失敗はしたことがありません。自分に合う企業・合わない企業がありますから、いくら条件が良くてもあわない企業に転職なんかしてはいけませんね。
私の友人には「転職して失敗した」と感じている友人もいます。なにが失敗だったかというと、企業風土の違いがあまりにも大きすぎた、というのが失敗の原因のようでした。
同じ業種でも、「企業風土」っていうのはかなり違いがあります。友人は自由な社風の会社に勤めていたのにお堅い役人の世界のような会社に転職してしまい、かなりストレスをためていました。お堅いところは自由にものを言える雰囲気じゃありませんし、上司とのやり取りもめんどくさいルールがあったりします。友人は好条件に惹かれてその企業に行ったようですが、これは明らかに失敗の例ですね。ストレスをためたその友人はほどなくしてやめてしまいましたから。
企業風土って曖昧な言葉ですが、極端に企業風土の違うところに行くとかなりストレスがたまります。特に自由な会社にいた人は、お堅い雰囲気の会社は絶対に合わないと言ってもよいでしょう(キッパリ)。こういうミスはすごーくイタイので、企業風土をリサーチしておくというのも大事です。